【2017年6月】チェックしておきたいゲーム

Pocket

2017年6月発売のゲームタイトルの中から
個人的にチェックしておきたいタイトルを3つピックアップしました。

ホラー要素の強い作品が目立つ6月です。

 

死印

発売日:2017年6月1日
開発:エクスペリエンス
ジャンル:ホラーアドベンチャー
要素:ホラー、オカルト、グロテスク、思考
ハード:PS Vita(パッケージ版、ダウンロード版)

『体にまるで噛まれたような痣“シルシ”が刻まれ、原因不明の死を遂げる』

そのシルシが刻まれてしまったプレイヤーと同じ死への宿命を背負った「印人」と共に、
呪いから生き残る道を探し進めていくホラーアドベンチャー。

探索中の行動が奴らをおびき寄せてしまい、出会ってしまったら死は免れない為、
一つ一つの選択肢を考えて進めていかなくてはならない。

一瞬の油断も出来ない中、冷静な判断力がクリアへの鍵となることでしょう。

非常に面白そうなのに、Vitaでしか販売されないのが非常にもったいない。

PS4のダウンロード版での販売もして欲しい。

 

 

The Sexy Brutale

発売日:2017年6月8日
開発:日本一ソフトウェア、Cavalier Game Studios、Tequila Works
ジャンル:アドベンチャー
要素:3Dパズル、ループ
ハード:PC、PS4、Xbox One

ループ世界に閉じ込められた主人公が、そこで起こる殺人事件を未然に防ぎ、
陰謀などを暴くことでループ世界からの脱出を試みるアドベンチャーゲームです。

何度も繰り替えし、あーでもないこうでもないと試行を繰り返して少しづつ進めていく
パズル要素が強い作品だと思います。

個性の強いゲームではありますが、非常に面白そうです。

 

元は海外のインディーゲームを、
日本一ソフトウェアが「日本一 Inside Spirits」というプロジェクトで発掘した作品です。

 

 

2Dark(トゥーダーク)

発売日:2017年6月29日
開発:Gloomywood
ジャンル:ステルスアドベンチャー
要素:ホラー、グロテスク、殺人、ステルス
ハード:PS4

犯罪者から子どもたちを救いだす、ステルスとホラーをミックスさせたアドベンチャーゲームです。

青鬼のような2Dで上から視点のゲームではありますが、視界に制限がある為、
その恐怖感は中々のものではないかと想像がつきます。

CERO Z(18歳以上のみ対象)も付いており、
結構なグロ要素が盛り込まれている為、プレイする際には注意が必要です。

イメージ画像の表現がえぐすぎてちょっと載せられないぐらいです・・・(苦笑)

 

ちなみに、既にSteamで配信中の作品です。

価格はSteam版のほうが1,000円安いです。

ただ、バグ等はPS4版では改善されることが予想されますので、
安定した環境を求める方は、PS4版での購入をオススメします。

 

Pocket

あわせて読みたい

2件のフィードバック

  1. SoNick より:

    The Sexy Brutaleは発想が面白いですねw

コメント