「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」が神ゲー過ぎる!

Pocket

ここ数年のゲームタイトルの中で間違いなく面白い!!

子どもの頃のようなワクワク感が蘇る
「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」はもうプレイしましたか?

本記事では「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」の面白さをお伝えします!

 

ここが面白い!

オープンワールドを活かした自由度

ゼルダの伝説シリーズ初のオープンワールドを採用した今作。

今までの一方通行なゲーム性とは違い、
広大なフィールドをほぼ制約なしにプレイヤーの思うがままに駆け巡ることが出来ます。

最短ルートでガノン討伐に向かっても良いですし、
道なり進み、リンクを強化し準備を万全に整えてからでも良いです。

もちろん寄り道要素も多数用意されていますので、
隈なくフィールド探索を楽しむのも良いでしょう。

 

 

ストーリーが熱い

前シリーズ同様、あまり多くは語られませんが、今作はとにかくストーリーが熱いです。

すんなり入れる世界観と相まって、思わず涙しそうになる場面も多くありました。

今までのゼルダシリーズをやったことがなくても、
今作のストーリーには魅了されることでしょう。

 

ストーリーを楽しむにあたってメインクエスト「ウツシエの記憶」はクリア推奨です。

クリアしなくてもガノン討伐に影響はありませんが、
今作の熱いストーリーを見てもらう為にもクリアしてほしいです。

これをクリアしたことによりエンディングも変わるので、時間に余裕がある方は是非!

 

また、声優にも気を配り選抜されたのか
主要キャラクターのボイスに全く違和感がなくムービーの遮りになりません。

細かいところにまで気が配られており、
大事なムービーをしっかりと魅せることに成功してると思います。

 

思わず過去作の話の流れなどが気になり調べてしまうほどにハマります。

一つの映像作品としてストーリーだけを映画館で観たいとすら思う出来でした。

 

 

ゼルダシリーズお馴染みの謎解きが熱い

ゼルダの伝説シリーズと言えば、数々の仕掛けを解いて攻略を進めていくというもの。

人によっては数十分悩むことはざらでしょう。

今作にもしっかりと各所に仕掛けが用意されています。

特にメインストーリー中の神獣の攻略は頭を悩ませることでしょう。

ただ、どの謎にも必ずどこかにひらめきに繋がるヒントが用意されています。

試行錯誤を繰り返し、そこに気付いた時は気分爽快間違いなしです!

このヒントの与え方が絶妙過ぎて、ゲーム制作に対するこだわりと愛を感じました。

また、答えは一つではなく、偶然からの思わぬ答えが見つかるかもしれません。

 

 

バランスの考えられた難易度

今作は特に操作面が複雑で使用ボタンやコマンドが多いですが、
それでもアクションゲームが苦手な人向けにも考えられて作られているなと感じました。

メインストーリーを進めるにあたって必ずぶち当たるのがボス戦。

ボス戦に求められるアクション性はそこまで高くなく、
むしろ知恵が戦いを有利に運ぶシーンのほうが多いです。

また、道中にも数多くの強敵が存在します。

そこで忘れてはいけないのが、今作の自由度。

無理して戦う必要はないのです。

山を登り回り道をして回避してみたり、
遠くから弓やバクダンのみで倒してみたりと選択肢は幅広く用意されています。

 

 

やりこみ要素が多い

「マップ探索」「試練の祠」「サブクエスト」「図鑑集め」と
かなりのやりこみ要素が用意されています。

マップを探索し、馬宿や祠を探して、人からサブクエストを貰いクリアしていく。

その道中にいる敵や生き物を写真に残し、図鑑を埋めていく。

やることは最後までたくさん残っています。

これぞオープンワールド。

 

 

気になるところ

処理落ち

一番言われているのは処理落ちについてですかね。

オープンワールドということでかなりの描写が必要になります。

また、画質も前作からかなり向上しています。

森の中など描写が多い箇所に行くとフレームレートが落ちたなと感じることはありますが、
プレイ中に全く気にならないレベルです。

これによりプレイに支障が出ることはまずないです。

 

 

操作が複雑

自由度が増したことにより操作面もかなり複雑になりました。

やっているうちにすぐ慣れるかなと思っていたのですが、
頭で考えず体で覚え操作出来るようになったのは終盤でした。

シーカーアイテムの切替や使用、武器と盾の切替、
マップメニュー・アイテムメニューが最後の最後まで間違えながらプレイしていました。

組み合わせ入力が多くて覚えるのが大変です。

 

ただ、忘れてもいつでも操作マニュアルを確認出来るのは救いです。

 

一番問題なのが、バトル中の装備切替。

左コントローラーの矢印ボタンを押したまま右スティックで変更するのですが、
移動状態でやろうとすると、左スティックを親指から人差し指に持ち替え、
親指で矢印ボタンを押したまま、右スティックで選択という形になります。

+ボタンでメニューを開いてゆっくり選択すれば問題ないのですが、
メニュー画面での操作は若干面倒なので、割とこの即時切替コマンドをよく使います。

メニュー画面、何故面倒かと言うと、項目ごとの移動がなく、
所持している素材や料理アイテムが多ければ多い程
ページが増えるので他項目への移動が手間になります。

項目移動ボタン欲しかった。

 

あと、ジャンプボタンがBではなくXだったりダッシュがBだったりと、
若干違和感のある配置になっています。

使う場面はあまりないので問題はないのですが、
ダッシュしながらジャンプしようとすると
親指でB押しながら人差し指の横でXを押す形になります。

 

アクションゲームが苦手な人だと慣れるまで時間がかかるかもしれないですね。

 

 

ロードが少し長い

そこまで長くはないのですが、
祠の出入り、マップ移動を繰り返していると煩わしく感じてしまいます。

ただ、セーブがかなり早いので、プラマイ0といったところでしょうか。

 

 

まとめ

ここ数年で間違いなく上位に入る面白さです。

RPGやオープンワールド系を最後までクリア出来ない方にも全力でオススメ出来る作品です。

私自身、ゲームを最後までクリアする前に飽きてしまうことが多かったのですが、
『早く続きがやりたい!!』と子どもの頃のようなワクワク感があり、
クリアまでさくさくとプレイすることが出来ました。

 

追加コンテンツ「エキスパンション・パス」も準備されており、
夏に「試練の洞窟」「ハードモード」
冬には新しいダンジョンオリジナルストーリーを楽しめるチャレンジが追加されます。

ハードモードは非常にワクワクしますね。

確かにアクションゲームが得意な人からしたら少しだけ戦いがいのない敵ばかりだったと思います。

3,000円と中々のお値段がしますが、本作のクオリティを見る限り、
それだけしっかりした内容が配信されることを期待出来ます。

購入は、配信後に様子を見てからで問題ないと思います。

 

また今作はNintendo SwitchとWiiUの2機種でソフトが発売されていますので、
お持ちのハードに合わせてプレイが可能です。

『Nintendo Switchが手に入らなくてプレイ出来ない!』といったことがないのは良い配慮ですね。

 

プレイし始めたらゼルダの世界観に飲み込まれること間違いなしの今作。

寝ても覚めてもこのゲームのことしか考えられなくなることでしょう。

Pocket

あわせて読みたい

2件のフィードバック

  1. SoNick より:

    各方面絶賛の嵐ですよね。
    まだ3月だけど、今年最高のゲームは決まったかなw

    • hide より:

      > SoNickさん
      普段最後までゲームをプレイ出来ない私のような人でも飽きずにクリア出来るというのは相当ですよ。
      あとはスプラトゥーン2次第ですが、確かにこれはほぼ決まりかもしれないですねw

コメント