転職エージェントをオススメしない理由

Pocket

 

皆さまは、転職活動の際に転職エージェントというものは利用したことがありますか?

私は今まで利用したことがなかったのですが、機会があった為、初めて利用してみました。

しかし、どうも自分の肌には合いませんでした。

これから転職エージェントの利用を考えている方に向けて、転職エージェントはどういう人に合うのかどう使うべきなのかをお話しします。

 

転職エージェントとは

主に、転職活動をされている方を対象とした紹介サービスです。

大手では、DODAやマイナビなどを始め、小さいものも合わせると転職エージェントが利用出来るところは100社以上はあります。

紹介される企業は、大手企業から中小企業まで、その転職エージェントと繋がりのある企業が様々用意されています。

 

転職希望者の希望条件と経歴などを参考にし、「こんな会社どうですかー?」と紹介されます。

紹介する側としてもどんな人材なのかを実際に合って感触を掴みたいので、紹介に入る前に、エージェントと面談がある場合が多いと思います。

 

いくつか紹介された会社から気になるものがあれば書類を送って通れば面接と言った流れになります。

稀にエージェントが面接に同行しますが、基本的には一人なのでその点は個人で転職活動している時と変わりありません。

 

 

私が経験した転職エージェントの悪い点

自分のペースで動きたい人

私が利用したエージェントは1日に2回電話をしてくるなどかなりしつこいほうでした。

また、急かすように返答期限を決めてくることもあります。

その割にこちらから連絡を入れると返信が遅かったり・・・。

 

 

ゴリ押しされる

「とりあえず面接受けるだけ受けてみない?」とゴリ押されることもあります。

もし仮に受かってしまったとして、合わなそうなので辞退したいという際にエージェントから文句を言われることもあるそうです。

実質的に選択の余地は少ないと思っても良いと思います。

特に押しに弱い人は要注意です。

受けるならちゃんとその会社のことを調べてから受けたいですよね。

 

 

取引先以外の会社を酷く言うことがある

「うちで紹介している企業さんはちゃんと審査をした優良企業なので」とどこでも使われてそうな宣伝文句はとにかくとして、自分がそのエージェント以外で受けている企業があるとその企業に対して、「ちょっと前に〇〇みたいことあったけどねぇ」と何かとつけて評判を落とそうとしてくることがあります。

大手企業に対しても平気で言われました。

転職エージェントに限らず、そういった感じで自分が扱っているもの以外にケチつける人は好きになれませんね。

例え事実であったとしてもです。

自分がやりたいこととマッチしていて希望条件を満たしているところを受けていてそんなことを言われて良い気持ちになる方はいませんよね。

 

 

細かく調べて自分で受ける会社を決めたい人

転職先の会社の勤務形態・待遇・評判などを自分で細かく調べて受けるか受けないか決めたい人には向いていません。

大々的に求人広告を出していない中小企業の場合、エージェント経由で紹介されることになるのですが、その資料も情報不足なことが多く結局自分で調べることになります。

どちらにせよ調べても詳細が載っていないことも多いので、エージェント経由で問い合わせていただく形も多いですね。

そのやり取りが二度手間です。

 

 

転職エージェントの良いところ

求人広告には載っていない求人を探している方

いくつか紹介してもらいましたがどれも大手の求人サイトにも載っていないようなものばかりでした。

隠れた優良企業を発掘するには良いかもしれません。

 

 

急ぎで転職したい人

何か事情があって、条件にあった会社をピックアップしてもらってとりあえず急ぎで転職を決めたい人。

自分で検索をかけて一つ一つ探さなくてもエージェントが勝手に見つけてくれるので、急いでいる方にはピッタリかもしれませんね。

 

 

給与などの交渉が可能

エージェントを利用することで、初期に設定された給与額を上げてもらうなどの交渉がしやすいです。

経験やスキルなどに自信がある方は前職の給与などを考慮して交渉してみるのも良いですよ。

 

 

周りの意見に流されないで自分の意見がしっかり言える人

希望条件などを最初の面談等で細かく聞かれはしますが、結局のところ転職エージェント側に流されがちになります。

よく見ると条件が一部満たしてないような求人も勧められることもあります。

そこでしっかりと自分の意思を伝えられて希望を満たす求人をもらえる人は強いですね。

 

 

これから利用を考えている方へ

私は最終的に利用を辞めましたが、当記事で書いたことが全てではないですし、良いところもたくさんあると思います。

実際に私の友人で利用して良かったと感じている人もいるので、合う合わないは人それぞれだと思います。

自分には合わないなと思ったら営業さんを変えてもらうなり、エージェントじたいを変えるなり、利用を辞めるのも手でしょう。

 

 

頭に入れておきたいこと

基本的に転職エージェントというのは、人材(転職希望者)を企業に内定させて紹介料を貰うことで成り立っています。

つまり、紹介して内定が決まれば決まる程、その営業さんは儲かるわけです。
(内定して〇ヵ月在籍、年収の〇割などの細かい条件はあります。)

転職エージェントも人間とは言え、こちらを商売道具としか見ていないこともあります。

全ての人がそういった目線で見ているわけではないと思いますが、そう思われて対応されているということを頭に入れて利用するのが丁度良いかもしれませんね。

自分の人生を最後まで面倒みてくれるなんてお人好しな人は早々いないです。

 

 

求人サイトだけでも十分良い求人を見つけられる

en転職などの求人サイトが多く存在しています。

大手の求人サイトを利用すればそれだけ多くの企業の求人を比較することが出来ます。

転職エージェントを利用すると比較する量が大幅に少なくなりますので、こういった点では自分で動いたほうが絶対的に有利です。

 

気になる求人を見つける

希望条件をクリアしているか見る

インターネットで評判を検索する
(登録が必要なサイトもある為、登録して条件をクリアする)

 

この工程をクリアした求人をいくつかピックアップして最終的により興味のある企業を受けるというのがオススメです。

基本的にこの工程をクリアした求人であれば、入社後に大きく失敗することはないと思います。

あとは面接の際に見れる範囲で会社のオフィスやトイレを見ておくこと。

これもよく言われていることですが、事実私の経験上、トイレが汚い会社はろくな会社でないことが多いです。

 

 

転職を考えている方はしっかり自分の意思を持って失敗のない転職活動にしましょう!

Pocket

コメント